グーグルのHTTPS化バッシング

2018年11月01日 06:20



6月から10月までのアクセス
tuki-3as.jpg
tuki-7bs.jpg

7月から8月にかけてユニークアクセスで6000台から4500台へ
9月から10月には3000ギリギリと段階的にアクセスが激減している。
結局、この5ヵ月で半分以下になった。

10月16日にHTTPSし、以後ほぼ毎日記事を上げたが減少は止まらなかった。
これまで通り、週に1,2のペースだったら3000も覚束なかったかもしれないが。



こんな記事がある。
 【続報】Googleの8月1日コアアルゴリズムアップデートで99%近くのアクセス数が消滅したサイトもある!?

てっとりばやく言ってしまえば、是までは検索キーワードに一致する部分が一つでもあったらピックアップする、
それでアクセス回数が上がれば検索順位も上がってきたが、今度からは一致する数に応じて加減するという事になったらしい。
(本当は記事内の言葉のつながりから関連の深い浅いを判断しなければないが、単に一致する数を数えているだけではないだろうか。)
これが8月のダウンの原因かもしれない。



そして10月はHTTPS化遅延へのバッシングペナルティ

グーグルからは2017年3月にHTTPS化を薦めるメールが来ていたが、
そんなもんfc2がやらないと出来ないと拒否した。
実際には既にfc2は動き出していたのだが。
(2017年10月以降、アップロードした画像に自動で付くアドレスは既にhttpsに代わっていた。全く気が付かなかった。)

放置したのは、コメント欄からパスワードが盗まれる可能性があると言われてカチンと来て、
「パスワードなんか求めていない。よく見ろバカヤロー」という気分だったからだ。



検索エンジンは今やGoogleが独占している。この検索エンジンに逆らえない。
グーグルは意のままにならないサイト主をアクセス減で脅して支配する。
アクセス減はECの人にとっては死活問題だ。


そういうば20年前の007シリーズ第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」は、
情報を支配する悪役(メディア王)が、情報操作による世界支配を企むというお話だった。 

50年前、007ゴールドフィンガーのボンドカーは既にカーナビを備えていたが、映画が予言するのは技術だけではない。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2753-0e085eea
    この記事へのトラックバック