「あいつ」のブログ、HPもHTTPS化 その4 バナー1つで大汗

2018年10月24日 06:06



casechromes.jpg
「あいつ」のホームページのトップをグーグルクロームで見ると、
「https」の前には鍵マークが付いているのだが、右端に赤い×マークも出ている。


case-explorer2s.jpg

インターネットエクスプローラーでは鍵マークが出ているのに、下に「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示します」
なんて吹き出しが付いてくる。

どちらもタブレットでは出て来ないのだが、PCだとてきめんだった。

やばい
意を決してF12を押すと
nazos.jpg
こんなメッセージが出てくる。

Mixed contentsとされた http://ct2.kagennotuki.com/sc/1122053へ行ってみると

kagennotukis.jpg
と表示される。

ninjahomes.jpg
下の「忍者」ホームページをクリックすると、こんな処へ行き着く
リンクされていたアドレスはhppt://www.ninja.co.jp/hp/ だが既にhppts化されていてhpptsに替えても変わらない。

ここはツール集のページ
ninjatools.jpg

一番下の忍者カウンタをクリックして、挿入する文字列を表示させてみると
//ct2.shinobi.jp/sc/1122053 と  で指揮されているアドレスが入って居るでは無いか。

ninjacountersourse.jpg



「忍者」ブログには、FC2がヤバくなっていた時(今もそうかもしれないが)、
直ぐに乗り換えられるようにと飛乃雑記Ⅲの記事の一部を使って作ったブログがある。
だがそれはあいつの死後で、彼のホームページのファイルに手を入れるのは今度が初めてだ。

なのに忍者サイトに「あいつ」の痕跡が残っている
何故だ?


既にサイト全体がhttps化されている。
404が出るようではjacascriptiの記述は無意味だろうが、
一応https:に替えておく事で、吹き出しも赤い×も消えて一件落着した。

これも何かのカウンターだったのだろうか。



Googleの情報収集力は驚くばかりだ。
恐ろしいと感じるレベルだ。
いや、インターネットエクスプローラーも一部注意になっていから、Microsoftも同じか。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2747-cb472934
    この記事へのトラックバック