ひつまぶし備長

2018年10月18日 07:02



毎日カレーばかり食っていたので、和食が食べたくなった。
グランフロント大阪に名古屋の「ひつまぶし備長」が出店しているというので行ってみた。


DSR00252s.jpg

グランフロント大阪南館は中央が大きな吹き抜けになっていて、外窓に面した店舗を多く取れる。


DSR00242s.jpg

この店は外窓がない事で高級感を醸し出している。

通路の椅子に10人くらい座って順番待ちをしていた。
予約しておいて良かったと思ったが、店内はガラガラだった。
行列は通路の反対側にあるバー風のイタ飯店のだった。
こんな場所でランチが1000円以下なので、人気があるのだろう。


DSR00246s.jpg

かみさんは、「上」を選んだ。
小さなおひつ位の器に八分目位入っており、充分な量がある。


DSR00245s.jpg

私は「上」「特上」の上の「極上」にした。
この上は「究極」しかない。
どんだけ上等の鰻が出てくるのか楽しみだった。

出されたのは器からはみ出て、蓋の裏側に鰻がくっついているではないかと思うほど、盛り上げてある。
ご飯の間も店のHPによれば、「ミルフィーユ 」風に鰻を挟んである。
香の物も吸い物も全く同じ。

価格の差は、質ではなく量の差だった。

皮はカリっとして、身は柔らかい。
蒸さずに直焼きでこんな仕上がりになるのか!

とても旨いのだが自分の歳が勘定に入っていない。
出汁でお茶漬けのようにして食べるのが美味しいが、
そうすると口に入れる量が増えてしまう。
ひたすらご飯と鰻だけを食べた。

何時もとは逆で、かみさんに手伝っ貰ってようやく完食した。
「ひつまぶし」は「上」で充分だ。

それでも、食い疲れで身体が怠い。
私1人なら車を拾って帰宅するのだが・・・・・・。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2742-f9a6e28b
    この記事へのトラックバック