墓地が台風の暴風で

2018年09月15日 07:03



「墓地の榎が台風21号で倒れて正門から入れません。」
という連絡が来た。
「市には重機による撤去を依頼しているが、墓地の事なので優先順位が低く撤去が何時になるか分かりません」
ともあった。

今頃になって台風被害の報告かと思ったが、
彼岸も近いし、取り敢えずどんな事になっているのか行ってみた。


DSC07917s.jpg

神社の境内が墓地になっている。
神社に墓とはまさに神仏習合であるが、旧桑津村の共同墓地である。
榎神社とあるように榎が御神木になっている。

いきなり大きな樹が、見事にへし折られているのが目に入る。



DSC07905s.jpg

DSC07910bs.jpg

DSC07903s.jpg

直ぐ隣のマンションが風除けになっていたろうに。


DSC07907s.jpg

墓地の中央にある御神木は、枝の先っぽを吹き飛ばされただけで無事だった。


DSC07911s.jpg

マンションと反対側の住宅に、大きな枝が引っ掛かっている。
吹き飛ばされたご神木の先っぽ?


DSC07914s.jpg

不思議に風除けのない墓地周辺部の樹はやられていない。
背の高い墓石も大丈夫だったようだ。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2722-da8b3003
    この記事へのトラックバック