生駒山宝山寺「歓喜天根本霊場」~RX100M6 実写レビュー

2018年08月09日 06:57



昨年、日本最古のケーブルカー~近鉄生駒鋼索線
に乗った時、途中に宝山寺という乗り換え駅があった。
ケーブルは最初この宝山寺の参詣客向けに作られ、後ほど山上遊園地まで延長された。
建設当時近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道は資金繰りが苦しく宝山寺が賽銭を貸したといわれている。
大阪では宝山寺というより生駒の聖天さんで通っている商売繁盛の神さんである。


DSR00154s.jpg
駐車場を出ると直ぐ一の鳥居がある。
国内最大の石鳥居である。

寺に鳥居。ご丁寧に注連縄まである。
しかも異形の神、歓喜天を大々的に祀っている。
鳥居の扁額も歓喜天になっている。
明治初頭の神仏分離の嵐もここだけはパスしたかのようである。


DSR00155s.jpg
両側に献灯が並ぶ参道から麓の生駒市が一望にできる。
件のケーブルカーはこの参道の下をトンネルで通っている。


DSC05128s.jpg
この鳥居は、ケーブルカーの麓駅の駅名が鳥居前になっているように元は麓の参道の入口にあったが、
昭和50年に駅前の整備のため山上に上げられた。


DSR00156s.jpg
石段を上がって惣門から境内に入る。
生駒山の山号も真言律宗大本山もなく、歓喜天根本霊場とあるのがこの寺の立ち位置を如実に表している。


DSR00159s.jpg
鐘楼はあるが突いてはいけないとある。
永代浴油とあるのは永代供養の事であるが、その金額が只事ではない。
此処だけでなく至る所にこういう形の寄進が残されているが、これがこの寺の相場のようだ。
余程歓喜天様の現世ご利益があらたかなのだろう。


DSR00160s.jpg
鐘楼の向こうに場違いな西洋建築が見える。
明治時代に宮大工を横浜に3年修行にやって造らせた獅子閣で、国の重要文化財に指定されている。
寺に「迎賓館」が要ったのか?


DSR00205s.jpg
手水舎から振り返ると境内の建物を一望にできる。
山の中なのでさほど広くはないが、建物や仏像が所狭しと配されている。


DSR00165s.jpg
本堂。
「開祖」湛海が彫った不動明王を本尊としている。
開祖は役行者とされているが、江戸時代に入ると新しい寺の建立が禁じられた為、古い寺を「中興」するという形にしたのだろう。


DSR00167s.jpg
本尊の代わり?の不動明王


DSR00162s.jpg
五重塔の先にある水煙を形取っているのか


DSR00169s.jpg
牛と梅鉢と来れば菅原道真の天神様。
何でもありか。


DSR00200s.jpg
本堂の隣が歓喜天が祀られている拝殿だが、青銅の鳥居を配してこちらの方が格上であるかのような雰囲気がある。


DSR00197s.jpg
上から見ると、寺と神社の違いが際立っている。


DSR00171s.jpg
巾着袋の賽銭箱とは


DSR00199s.jpg
拝殿の屋根は実に複雑で、見ていて飽きない。



DSR00173s.jpg
境内の後ろの磨崖窟には弥勒菩薩。


ここから先は斜面にお堂が配されており、石段を上がって順々にお参りしていく。

扁額に大○○と書かれたお堂があった。
大師堂かと勘違いして般若心経をあげたのだが

DSR00178s.jpg
中を見ると十一面観音が祀られていた。

なんで聖天さんで十一面観音かというと、
ヒンドゥー教で、ゼウスや天照大神のような最高神シヴァの子のガネーシャは悪行を繰り返して民衆を困らせた。
日本神話の素戔嗚尊みたい。
民衆の願いを聞き入れた十一面観音はガネーシャに、悪いことを止めると約束するならセックスさせてあげると誘惑した。
歓喜に浸ったガネーシャは以後人の願いを聞き届ける神になったという。
因みに歓喜天は象頭人身の二体が和合した形となっているが、
相手の足を踏んでいる方が十一面観音で、「もう離さないわよ」という事らしい。

そう思ってこの十一面観音を見ると、チョット小首を傾けて何処か色っぽいポーズを取っているようにも見える。
(不謹慎な!❌)

こんな歓喜天を祀る宝山寺の門前町は生駒新地として栄えたが、参道沿いの旅館は今も現役の色街として機能しているという。
18歳未満お断りの旅館って・・・。


DSR00184s.jpg

DSR00187s.jpg
多宝塔を過ぎると山道となり、両側に奉納されたお地蔵様、観音様、お大師様がズラリと並んでいる。


DSR00191s.jpg
漸く本物の大師堂にたどり着いた。


DSR00193s.jpg
参道は奥の院まで続いているが人気がなく、皆さん拝殿でのお参りで済まされてしまうようである。


DSR00212s.jpg

駐車場から出た所からは、奈良盆地が見渡せた。


[RX100M6]
RX100M6の初出陣だった。
初代以後初のRX100シリーズなので少し比較評価してみる。

・ファインダーはカメラの大きさから使い辛い。
しかし使わなかったら見当違いの写真が多かった。
・多宝塔は初代RX100の換算28mmからのズームでは入らなかった。
・観音像は換算69mmでF4.0で初代とほぼ同じ明るさなのではないか。F2.8/換算24mm始まりの高倍率ズームとしては優秀だろう。
SS1/6で手振れ防止も効いている。
・42.8mmの分厚さは気軽に胸ポケットには入れられず、かといってショルダーベルトは大げさ。
なんとも中途半端な持ち加減だった。
・M5かららしいが、写真番号の頭3文字を任意に変えられのは、ソニーのカメラを複数持っている者には有難い機能だ。
・バッテリーは思った以上に良くもった。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2714-8024654a
    この記事へのトラックバック