LPをハイレゾサラウンドで聴く その2

2018年07月20日 07:08



DSC07853as.jpg

ピュアオーディオレベルで使えるA/Dコンバーターは少ない。
愛和という静岡のメーカーが、192kHz/24bitのAX-WDというモデルを出していた。
隣がDCT-4Bなので大きく見えるが、幅奥行とも通常のアンプの1/2の大きさで、PCMとDSDのデジタル出力が選べる。

音は一聴して判る。
きめが細かくなって、滑らかな音になる。

ただデジタル出力が小さい。
フロント、リア共にCDの時よりアンプのボリュームを大分上げないといけなかった。
愛和はデジタル信号に消磁信号を重畳して、スピーカーまで消磁するシステムの一環としてこのADコンバーターを出している。
自社製のDAコンバーターとセットで使う分にはOKなのか。
価格で1/10以下のDCT-4BがCDと同レベルだっただけに残念だ。



かくして2000枚のLPがゴミになる寸前で甦る事になったのだが、
来月で60代ともお別れ、果たしてどれだけ聞き直せるのだろうか?


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2712-4e2bb749
    この記事へのトラックバック