シングルレイヤーSACDの実力

2018年07月23日 07:27



シングルレイヤーSACDで再発される録音が多くなった。
カラヤンのグラムフォン録音ではブルーレイオーディオも無く、CD以外となると他に選択肢がない。
(バーンスタインのはバンバン、ブルーレイで出すのに何故?)


オイストラフとオボーリンが演った、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全集のシングルレイヤーSACDを買ってみた。
oistrakhsacds.jpg

比較するのは1998年に出たCDで、LPのセットを処分した後で買ったものだ。
LPの時からヴァイオリンの音が柔らかくて美しい好きな演奏だった。
ただ1962年という録音時期から、高域が伸びていない為に受ける印象かもしれない思っていた。
oistrakhcds.jpg


シングルレイヤーSACD化で高域が少し伸びて聞こえるのではと期待した。
確かに少し音がしっかりとして、見通しのよい音場を形成しているが、
基本的に違いはなく、高域がやや物足りないのは一緒だった。

別々に聴いていたら違いに気が付くことはない。
アナログ録音らしさ(音が良いという意味ではないが)を感じるのはむしろCDの方だった。

この程度で特別なプレイヤーが必要となり、1枚当たり3000円以上するのなら、普通のCDで充分だ。


OPPO UDP-205はSACDからアナログ信号を取り出すのに、PCM経由かDSDダイレクトかを選択できる。
音はDSDの方が少し柔らかく感じるが、「気のせい」レベルの差だった。
またDSDではNeo:6が働かず、リアチャンネルから音が出ない。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2708-1c60dd72
    この記事へのトラックバック