LPをハイレゾサラウンドで聴く その1

2018年07月18日 07:46



ずっとCDをNeo:6でサラウンド化して聴いている。
SACDはもちろんサラウンドが入っているものを買う。


LPはどうだろう。

昔、スピーカーマトリックスというのが流行った事がある。
長岡鉄男氏が仕掛けたもので、リアスピーカーのマイナスをアンプに戻さずにRLで直結してしまうというシンプルなものだった。
位相が反転した音の差分がリアスピーカーから出て、立体的な定位感が生まれる。
効果はあったが、針がレコード面をトレースするスクラッチノイズが天井に雲のように垂れ込めた。

その後サンスイからクォドラフォニック方式のプロセッサーQS1が出て、
後部スピーカー用のライン出力を出せるようになったが、位相的に違和感があって今一だった。

アナログの時代でS/Nが悪く、まもなくブームは去った。


Neo:6を使うにはアナログ→デジタルに変換しないといけない。
スピーカーマトリックスの経験があるので、ノイズがどんな出方をするのか、安いアダプターで実験してみた。


DSC07843s.jpg
ランサーリンクのDCT-4Bというモデルで、5000円程だった。
RCA端子の大きさから分かるように、5センチ角位の大きさの
1枚基板で、裏に小型コンデンサーが1個付いているだけだ。

意外とS/Nは良く、バチンという埃ノイズは前面スピーカーからしか出て来ない。
Neo:6の効果はCDと同じだった。
針音がしなかったらCDが鳴っているのかと錯覚する。

LPがCDと同じレベルのサラウンドで聴けた!


これでも充分使い物になるが、サンプリング周波数が48kHzなので、ハイレゾならどうかという思いが当然出てくる。

この項続く


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2707-82d8d4d5
    この記事へのトラックバック