ソニー DSC-RX100M6 インプレ~高倍率ズームの比較評価

2018年06月22日 15:14



初めてカメラを発売日に入手する。
初代をスカイツリーで置き忘れて以来、久々のRX100シリーズだ。

旅カメラとしてズーム端が70mmでは不足する場合があるが、
かといって望遠ズームを荷物に加えても、交換していてはシャッターチャンスを失う。
これまでは、フルサイズならSEL24240、M4/3で済ますならVario14-140を持ち出していた。

これらとRX100M6を比較すると下表のようになる。

rx100m6cs.jpg

重さはSEL24240を使う時に比べて1/4以下、M4/3と比べても半分以下になっている。
テレ端の最短撮影距離が大きいが、実際にはどの位影響があるのか?


DSC07824s.jpg

テレ端までズームしたとき。
RX100M6のコンパクトさが際だっているが、

DSC07827s.jpg

レンズをしまい込むと更にコンパクトになる。
胸ポケットに入るという初代からのコンセプトを貫いている。


テレ端とワイド端でどんな絵になるのか。
まだ青いトマトを撮ってみた。

DSC05473s_20180622140804855.jpg
SEL24240+α7R2のワイド端。
24mmで撮っている感覚。ただしボケは少ない。


DSC05474s_20180622140805265.jpg
テレ端


P1110435s.jpg
VARIO14-140+GX7mk2のワイド端
0.5mから0.3mに寄れる分トマトが大きく写る。


P1110438s.jpg
テレ端も0.5mまで寄れるとこんなに大きくなる。
ズームでレンズ長が伸びているので、マクロで撮っている感覚だ。


DSC00070s_201806221408020c3.jpg
RX100M6の場合。
ワイド端はこの中で最も寄れ、F2.8と明るいので背景もボケている。


DSC00069s.jpg
ところがテレ端は、トマトの大きさがワイド端と余り変わらない。

寄れないとこんな事になる。


RX100M6は、物撮りは他のカメラに任せて、
200mmの望遠を胸ポケットに入れ、旅の景色を撮るカメラなのだろう。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2698-d2c46251
    この記事へのトラックバック