百寺巡礼(3) 若狭神宮寺、若狭彦神社、若狭姫神社(福井)

2018年05月04日 08:24



明通寺から2km程の所に神宮寺がある。
四国88箇所にも幾つかあるが、神社の中にあった寺で明治の廃仏毀釈以前は通常の形態だった。
廃仏毀釈で寺は神社と分離され、廃寺となった神宮寺が数多くある。


DSC07735s.jpg
駐車場を出て階段を上がると、傾いた門があった。
この前を右に行けば仁王門があったのだが、まさかこれが参道とは思わず、すぐ左手に見えた入口に行ってしまった。


DSC07708s.jpg
これは山門か? 注連縄が張ってある。


DSC07734s.jpg
重文の本堂。こちらも注連縄が。
流石にこの光景は奇異に映る。

左手の柱には「お水送りの堂」とある。
東大寺二月堂とここは地下で通じていて、お水取りの水はここから送られるという。
お水送り時期には、一月程行事のために拝観できなくなる。


DSC07723s.jpg
本堂内部は大きな蔀で外光を調節している。
仏像は右側の格子の中で近づく事はできない。
普通の寺とは雰囲気が違う。


DSC07715s.jpg
本尊は薬師如来で日光、月光の脇侍となっているが、祭壇にはそれ以外にも12神将や不動明王等数多く仏像が並べられている。


神宮寺は若狭一宮である若狭彦神社の中にあった。
周囲は畑や集落に変わっているが、元は広大な神社の境内だった。
その若狭彦神社に行ってみる。

DSC07746s.jpg
若狭彦神社は上社と下社に別れており、交通の便が良い下社の方が栄えてきた。
その結果上社は若狭一之宮若狭彦神社、下社は若狭二之宮若狭姫神社と呼ばれるようになった。


DSC07745s.jpg
夫婦松とされる亭々たる2本の杉は幹が2本になった杉だった。
根の所で2本になった「夫婦」はよく見るがこんな幹の部分で2本になったのは珍しい。


DSC07737s.jpg
結界となっているの川の先に楼門がある。
古代の様式がキチンと残された神社のようだ。


DSC07740s.jpg
手水で清めて、


DSC07739s.jpg
本社殿へ。
手前に基礎のようなモノが残っている。若狭姫神社でも見られるのだが、何の跡だろう。


DSC07741s.jpg
本殿の屋根が少し痛んでいる。
格はここの方が高いが誰もいない。

若狭姫神社の方へ移動する。


DSC07748s.jpg
約1.5km離れた所にあった。
社務所はこちらにあり、こちらの方が栄えている。

神宮寺からここいら一体、総てが「若狭国一之宮神社」のものだった。


DSC07760s_2018050219252672a.jpg
楼門の上に聳えているのが千年杉なのだろう。


DSC07751s.jpg
楼門を入った所に能舞台がある。


DSC07754s.jpg
拝殿から中を見れば、本殿も若狭彦神社より立派だ。


DSC07759s.jpg
横へ廻ってみると、
あれ。屋根に千木や鰹木がない。
神宮寺がある事と何か関係があるのだろうか。
けれど若狭彦神社にはあった。


DSC07755s.jpg
境内にこんなモノが。
「窪みにお札を挟まないでださい」という立札が笑える。
「窪み」のある女器陰石は角度に寄って妙にリアルに見えるから、何となくご利益が有りそうに思うのだろうか。


[α7S+SEL24240]



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2682-9fad736a
    この記事へのトラックバック