SONY Xperia Z3 Tablet compact vs. ASUS ZenPad 3 8.0

2018年04月23日 08:04



DSC05381s.jpg

sony のZ3 タブレットを愛用してきたが、LTE付きのSGP621はメモリーが少ない所為で、検索を繰り返すとデータロードに時間がかかって画面が更新されなくなる。
その都度不要なソフトやファイルを除去すれば良いのだが、面倒になってきた。

メモリー4G,ストレージ32G以上の7~9インチのLTEタブレットを探したがASUSとHUAWEIしかない。
中国本土のものはバックドアがあるかもしれない。
台湾ならまだましと、消去法でASUSになった。


◎動作はスムーズになった。

◎文字入力に最初からATOKがインストールされている。
変換のヒット率が高く入力が楽になった。


○幅が広いので、一行の文字数が多いのに折り返し出来ないサイトでも画面を移動させずに読める。

△液晶はSONYの方が鮮やかで、ASUSは少し黄色味がかっている。
色は設定で色温度を上げたら問題のないレベルになる。

△ASUSは幅で8mm重さで50g大きくなっている。
寝転んで使う事が多いが、掌に入れて持つと重く感じる。
肘を付いて人差し指と親指でL字を作り、その間に挟んで使うと楽だ。

△SONYは1920x1200、ASUSは2048x1536と高密度になっている。
画像には良いが、文字が小さくなってしまうのが老眼に厳しい。
文字の大きさは極大に設定しているが、システムでフォントが決まっているサイトも多い。

△電池容量はZ3が45000mAh, Zenpadは4680mAhあるが、
使用時間はZ3が15時間(ビデオ再生)に対して11時間と少ない。
CPUの高速化とのトレードオフか。

×NFCが付いてないので、ICカードの残高を読み取れない。

その他 : usb端子がmicroでなくてtype-c 、
simはnanoでなくmicroと
規格が進んでいるのやら遅れているのやらよくわからない。


Z3は2014年、ZenPadは2016年の発売。それでこの程度の差。
SONYが新製品を出してくれれば、飛びつくところだが。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2677-0bf7baf9
    この記事へのトラックバック