いつまで残るこの無念

2018年04月05日 08:02



同窓会もいよいよ70の大台になるが、久し振りに高校の同窓生に電話した。

間で「そういえば」と私と同様に、2人の息子が居たのに長男を亡くした友人が居るという話になった。
私も知ってる人だった。
過労死のようで、あっという間に亡くなったらしい。


話をしながら、ふとあいつと同じ会社におられた石野さんを思いだした。
当時研究所の総務にいらした方で、入院後色々お世話になった。
御自身も肺がんで手術されていたが、テニスや登山ができる程に回復されていた。
昨年、作品集をお送りしようと問合せたら、お亡くなりになっていた。
4年の間に再発したらしい。
ご家族はさぞご無念であろう。


あいつの事を
「照れ隠しのぶっきらぼう」と言われて、成る程と思った時の事を鮮明に記憶している。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2671-aee32121
    この記事へのトラックバック