Blu-ray Audio にも千円盤が

2018年03月27日 08:03



AmazonでSACDやBlu-ray Audioを買うことが多くなった。
アマゾン以外からの販売だと送料に1枚350円要るが、
それでもHMVの30~40%のまとめ買いバーゲンで買うより安い物がある。
海外からダイレクトに送られて来るので時間は少しかかるが、
HMVで3500円しているものが1500円で買えたりする。
HMVやタワレコの輸入盤の定価って一体何なのだ。


なかでもハピネットが販売しているポリドール製作のBlu-ray Audioは、
1080円や1124円でAmazonが直に販売しているので、
月額400円のプライム会員なら送料無料で翌日に届く。

中身はCDと同タイトルの曲が、96kHz/24bitと192kHz/24bitの2chで入っている。
(ただしカラヤン等96kHzだけのもある。)

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー4,5,6番はこれまで聴いたなかで最高の音質になっている。


他にもNAXOSのBlu-ray Audioに千円盤がある。
こちらはサラウンドと表記されているが、フロントLR との音量の差が大きすぎてサラウンドとするには無理がある。
それでも音質はCDよりかなり改善されているので、2chと割り切ればお買い得だ。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2669-71bfde0f
    この記事へのトラックバック