いきなり200オーバーの高血圧に (9) タオルグリップ法 放送の嘘と真

2018年06月28日 08:16



1/9の「いきなり200オーバーの高血圧に(8) 降圧剤は思考を奪う?」
以来このカテゴリーはストップしていたが、実生活ではずっとタオルグリップ(ハンドグリップ)を続けてきた。

タオルグリップついては
いきなり200オーバーの高血圧に (5)タオルグリップ(ハンドグリップ)
で書いた。

↓NHKの「試してガッテン」で放送された内容
https://www.youtube.com/watch?v=zvRU8pIdbUI

↓放送内容をまとめた記事の例
降圧剤要らず!?高血圧対策として。血圧を無料で下げる方法。ハンドグリップ試してガッテン



半年間タオルグリップ(ハンドグリップ)を実施してきて、
効果があったかどうかというと、効いた!!!

下表は、1ヶ月間の全測定値の平均値で、1日に3~5回3時間以上空けて測定した。
gripmatome.jpg

収縮時血圧の変動範囲というのは実測値の最大最小ではなくて、
標準偏差を±2倍した値(±2σ)を平均値に加えて求めた。
正規分布ならほぼ全ての測定値が入る。

平均値なら1月から正常範囲に入っているが、
高血圧で怖いのは、高い時に更に何かの要因が加わって
脳出血や脳梗塞になる事なので最大値に注目していた。

その変動範囲でも4月から正常範囲に入り始めた。
5月は標準偏差が大きかったので外れてしまったが、
今月は4月より更に低くなりそうだ。


11,12月の測定値。
空色の棒線はグリップを実施した事を表している。

11月血圧s

12月血圧s

タオルグリップを始めた11,12月頃は、200になる事がざらにあり、
1日に何度もグリップを行って、腕が筋肉痛になった。



6月血圧s

半年後の今月は収縮時血圧が100を挟むように変化し、
グリップの実施回数は1日当たり0.7となり、月後半はしない日が多くなった。


ここまでは、放送内容は概ね真であった。

(この項続く。)


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://fugaku2.blog.fc2.com/tb.php/2582-40c61fb0
    この記事へのトラックバック